赤しそジュースは脳にもいい

日本では6月になると、街のスーパーマーケットで赤紫蘇が売られるようになります。

300グラムの赤しそから約1.5リットルのジュースを作ることができます。

これを朝夕40CC服用します。

たちまち活性酸素が体のなかから消えていきます。

活性酸素がなくなれば慢性的な鼻粘膜からの微出血などアレルギー性鼻炎も改善するのです。

頑固な三叉神経痛が緩和されます。

頭の中の腫瘍が落ち着きます。

そういう病気に効果があるサプリメントは確かにあります。

しかし毎月何十万円もするので長期的に継続するのは大変なのです。

赤紫蘇ジュースなら毎月1000円程度です。

赤紫蘇だけでは病気と闘うには不足なので

エリンギ、マイタケ、めかぶ、もずく、りんごなどを食事のメニューに補完して下さい。

近所のスーパーマーケットに行けばいつでも購入できます。

 

赤紫蘇とこれらの食品を摂取したとき、どれくらいガンに効くのか測ってみました。

インテグリンα5β1というがん遺伝子の分子量が1ナノグラム以下まで減少しました。

この数字がどのくらいすごいのかと言うと

アガリクス、メシマコブ、乳酸菌、フコイダンその他ガンに効果があると言われるサプリメントに近い効果なのです。

これで必ずガンが治るとは言えません。

しかし活動が穏やかになることがあるのです。

落ち着くと表現したのはそういう意味です。

鍼灸治療やオーリングテストで適合性を調べた漢方薬を併用すればガン細胞のインテグリンが減り、正常細胞の長寿遺伝子が増えます。

ガンの増殖を抑制し免疫力を高めるわけです。

副作用もなく費用も100分の1で済みます。

最近は赤しそをネットショップで年中仕入れることもできて便利です。

私も実験用に作ってみました。

作るのは面倒ですが作られたものを買うより安心です。

農薬を沢山使っている赤紫蘇は最初の水洗いの時に泡が沢山出るのですぐわかります。

そういうのを買ってしまったら泡がでなくなるまで4、5回ほど水で葉を丁寧に洗って下さい。

画像の赤紫蘇ジュースがあわだっているのは炭酸水で割ったからです。

砂糖を入れてあるのでそのままでも飲みやすいです。

冷蔵庫に保管すれば1年ぐらいもつそうです。

残った赤紫蘇の葉はクエン酸と食塩を加えてそのまま食べることや乾燥させて細かく刻みふりかけなどにもできます。しそ巻きおにぎりにも使えます。

薬効としてはジュースのほうがありました。

みなさんもぜひお試しください。

DSC_0557

 

 

 

告げられても成る必要もないのです。

からだの調子が悪くなって近所の医者に診てもらっても何の病気かわからない。
紹介されて病院に行き何々病ですと告げられる。
病名がはっきりすればあとはレールの上を流れるがごとし。
何の疑いもなくマニュアル通りの治療がなされていきます。
ところがおなじ病名を告げられたにもかかわらず
皆と同じ経過をたどらない人が必ずいるのです。
しかし患者は苦労してわかった病名にすがり付き
自分からその病気を患う人物に成りきろうとするのです。
確かに現代医学的な検査結果から診断された病気であることに違いはないのですが
体調不良の原因は他にあるのです。
その場合は治療後の検査データは改善していくのですが
体調は一向に改善してこないのです。
しかし診断した医者は治ってきたと言います。
パソコンの画面を見ながら患者の顔も見ないで。

占いでもそうですが
人は心に迷いや不安があれば
何かにすがろうとして
自身の不安を和らげてくれるものを信じようとします。
信じている占い師からあなたはこういう性格だと言われればそれに成りきろうとするのです。
そうすると楽なのです。
本当は自身のことは自分が一番わかっているのです。
自分で判断して変わるより言われたように演じる方が楽なのです。
オーリングテストは自分の潜在意識が働きます。
病名を告げられマニュアル通りの薬を処方されても
効くか効かないか薬を飲む前からわかってしまうのです。
自分の潜在意識が判断するのです。
その判断はどのような優れた医者よりも正確です。

もしあなたが何かの病名を告げられたとしても
その病気の患者になりきる必要はありません。
その医者が優しいからとか、いい人だからと言って無理やり信じることはないのです。
自分が感じるままに生きていけば良いのです。

諦めたくなければ諦めなくてもいい。

緩和ケアを勧められても諦める必要はありません。

病気と戦いたいのなら戦えば良いのです。

医者に積極的治療を放棄されて自分達の思うままに治療法を選択できるようになったのですから。

少しでも役に立てるなら、私はそちらを選択された方のために尽くしたいと思っています。

image

A guardian Buddha made of clay which was built in “Taima temple” which was built in Japan’s current present Nara prefecture over 1400 years ago. It was inspired by having a Western face like somehow because East Asian professional craftsmen created it.

その腰痛はホルモンが原因になっている。

youtuuningyou

人間も動物です。

春先はホルモンの分泌が盛んになり体の調子がいつもと違ってくるのです。

特に下腹部の内臓神経が春先にはホルモンに反応して裏側の腰の筋肉まで緊張させるのです。

この時にギックリ腰や坐骨神経痛になることが多いのです。

以前にも載せましたが、これには昼間の日照時間が関係しています。

お天気の日は15分程でもいいので、太陽の光を受けて軽い運動などをしてあげればホルモンの分泌が調整され、腰や体全体の調子が良くなります。